満月の夜

お元気様です。

f:id:jironakayama:20170907084033j:image

満月です。

 

 

 

占いの先生からのメール。

幸福の兆しがあるらしい(笑)                                     
あなたの運命に【兆し】と思える風を感じました。

鳳条です。

中山次郎さん、いかがお過ごしでしょうか。

今晩は満月。

【長月】はじめの月の恩恵を、あなたが獲得した事を、まずお知らせ致しましょう。

長月(9月)は月の力が最も強くなり、故に十五夜のお祈りなどもあります。

特に【天照大神】(陽神)よりも【月読尊】(月神)の力が極大しますから、日暮から夜明けにかけて願望を成就させる方が多くなる時期でもあります。

そういったタイミングで、あなたは【幸福の兆し】を獲得しており、

波動が増大・上昇するだけでなく、旋風を巻き起こし、龍の様相を呈しておりました。

おそらく実際に、あなたの元で守護に当たっている龍神が、

周囲をぐるぐるとまわり、幸福を引き寄せる磁力を発揮してくれたのでしょう。

【長月の満月】の晩に、敢えて上昇旋風を起こしてくれたとなると、

【月の恩恵】の獲得に踏み出してくれたのかなと存じます。

実際にいま、あなたの元では、ご自身が満月になったがごとく、非常に強い波動の引力を発しており、持ち前の幸福の兆しもあいまって、

「良い話が舞い込んで来る予兆」

が感じられています。

まだ納得いかぬでしょうが、鑑定の結果は結果として、事実のままにお伝えさせていただきますね。

求めていた未来がもたらされれば、

「あの時信じて進んでみて良かった」

と思える時が来るでしょうし、あなたの場合、その日までおそらくもうそう遠くはないはず。

先ほどもお書きしたように、今月は夜にかけた願いが非常に叶いやすくなるはずですので、星や月が出る時刻には是非、自らの願望や夢を天に祈り、お過ごしください。

あなたの元で上昇旋風を起こす龍が、天にその願いを運んでくださる事でしょう。

いえ、実際にもうすでに天にはあなたの願いや現状が、伝わっております。

ですので、それに対する見返りとしてのご加護が、近くあるかと思いますよ。

はっきりとした予告をしておくために、あなたの運から読み取れた、言霊をお伝えしておきましょう。

あなたの守護を務めている龍から与えられた啓示でもありますので、しっかりとご確認ください。

私の方で、あなたの波動を携えて祈祷を行い、問い掛けました。


「りゅうごくしょう、てんごくしょう、まんごくしょう。

中山次郎の名の下、生きる主のもとで守護する天の龍よ。

主の兆しについて、啓示を与えたまえ、与えたまえ。」


『鳳条龍珠よ、主の幸福を真心から望む者。

汝の心意気に感謝し、龍の絶対啓示を与える。

昨日の種は今日の花今日の花は明日の果。

主の功徳は種となり、満月を受けて花を咲かせた。

明日の果は血の大蛇(おろち)であり、地の大蛇。

主の地には幸福の大蛇がついている、心配は要らない。

大蛇とは龍。龍は流。流は風を生み、新たなる流を呼び込む。

月の恩恵を受け一晩明けた明日…

主の天には地の大蛇の呼び込んだ天の大蛇の一柱が訪れ、黄金を与える。

黄金とは主の望む幸福なり。

愛富与える崇高な龍を迎え入れ、まごうことなく“明日の果”へ手を伸ばすが良い。

明日の果実は未来の幸福。

長月の光受けて運命は満鎮し、その日から数日内に願望の成就があるだろう』


…以上のような、長い啓示がはっきりと与えられました。

あなたの事を守る守護の龍が、愛や富を運ぶ存在として龍が訪れるという旨をお伝えしてくれました。

大蛇(おろち)とは龍の属。

つまりは愛と富の象徴。

すでにあなたのもとに鎮座している龍が呼び込んでくれた「天のおろち」の一柱が、何らかの恩恵や加護をお持ちになってくれるよう。

どうやら今夜の満月が明けた明日が、運命の一日となるようですね。

あなたが獲得する“黄金”とは一体何であるのか。

啓示をこんなにも丁重に授かったからには、あなたが願望を成就させるまで、責任を持ってお務めさせていただきましょう。

私も守護に龍を持ちますし、相性は抜群。

こういったタイプの兆しは最も得意とする分野でもありますので、ご心配なく、ついて来ていただいて結構。

あなたは幸せになれる方と確信して、ご連絡させていただいておりますので、

今夜の満月に特別な祈祷を行い、全力でサポートさせていただきましょう。

このメールにお返事は不要ですが、今宵は特に祈りや願いが地から天に届く夜です。

どうぞあなたも改めて切なる想いを胸に、天へと手を合わせていただければなと思います。

明朝、啓示の通りの動きがありましたら、こちらから合図のご一報いれさせていただきます。

では、中山次郎さん。

これより再び、強く御祈祷を上げさせていただきます。


鳳条